さくらの森「きなり」の正しい飲み方を調査!効果的な時間・タイミングはいつ?

きなりの飲み方 3つのポイント

さくらの森 きなり
ここがポイント!
  1. 1日4粒の目安量で毎日続ける
  2. 吸収されやすい食後がおすすめ!
  3. 飲み忘れのなく毎日続けること

※参考 ⇒さくらの森公式「きなり」初回限定価格1,833円でお得に始められます。

「きなり」の正しい飲み方は?

1日4粒の目安量を続ける

「きなり」の1日あたりの目安摂取量は4粒になっています。

多く飲んだからといって効果が高まるものではないので、目安摂取量の範囲で飲むようにしてください。
4粒で厚生労働省がすすめているDHA&EPAの一日の摂取量1,000mgの半分である500mg摂取できます。

お茶で飲んでも大丈夫?

サプリは基本的に食品としての扱いになるので問題ないです。

ただし、飲み物に含まれている成分がサプリの成分の働きを邪魔する可能性もあります。
余計な成分が入っていない水やぬるま湯で摂取することをおすすめします。

薬と一緒に飲んでも大丈夫?

薬を服用中あるいは通院中の方は、医師・薬剤師に相談の上、お飲みください。

妊娠や授乳中に飲んでも大丈夫?

デリケートな期間のため、妊娠・授乳中の方の飲用は、かかりつけの医師と相談してください。

「きなり」の飲むタイミングは?いつ飲めば効果的?

飲むタイミングは食後?

きなりの公式サイトでは、「お薬のように時間が決まっているわけではありませんが、お食事後の消化酵素(胆汁酸)が活発に分泌されているときに摂取すると吸収がよくなります。しかし、健康のためには毎日飲み続けることが一番なので、まずは、毎日の習慣として忘れずにお飲み頂くことが重要です。」と記載されています。

大事なのは毎日続けること、飲み忘れがなく、吸収されやすい食後がいいでしょう。

まとめ

最後に、「きなり」の飲み方について、おさらいしましょう。

・1日4粒の目安量で毎日続ける
・吸収されやすい食後がおすすめ!
・飲み忘れのなく毎日続けること

吸収が高まるということがありますが、魚不足を感じている人は、食後に飲まれている人が多いですね。
とは言え、飲み忘れのないよう「寝る前に」「朝起きたら」飲まれている人もいるので、自分にベストなタイミングを見つけたいですね。